chayという歌手の親がなんと〇〇!?

「地味にスゴイ! 校閲ガール」の主題歌『12月の雨』を歌うchay(チャイ)さん。大人っぽい歌声とは違った、可愛らしい見た目のギャップが話題の歌姫です。そんなchayさんがどんな人なのでしょうか。そして、親はどんな方なのか?歌姫でありながらお嬢さまと言う事実が判明!

chayプロフィール


【プロフィール】
本名  :永谷 真絵(ながたに まい)
生年月日:1990年10月23日
血液型 :O型
身長  :157cm
続柄  :三女
学歴  :学習院女子大学
所属  :トップコート
好きな本:「こころ」(夏目漱石)
好きなアーティスト:キャロルキング

chayさんは、現在26歳(2017年9月現在)のシンガーソングライターです。小さい時から、ピアノやバレエ、体操など習い事が多かった。既に、その頃から、歌手に憧れ、なんと小学生ではピアノで曲作りまでしていたようです。

大学へ行くと、東京塾ヴォイス(YUI、絢香、家入レオが卒業生)で本格的に歌とギターを勉強します。そして、自分の曲を路上ライブで演奏できるようになるまで成長し、2011年にトップコートと契約をし、現在に至ります。

アーティスト名「chay」は、彼女の好きな「チャイティー」というインドの飲み物が由来です。インドの甘いミルクティーにハマっていた時に、その響きにビビッと来たのかもしれません。「お茶のように多くの方から愛されるように」という思いを込め付けた名前です。

chayの父親は

彼女の名前もう一度見てくださいね。そうなんです。あの誰もが知っている「永谷園」のお嬢様。お茶漬けなどで有名なあれですよ!父親は永谷喜一郎さん。永谷園の社長ではありませんが、取締役であり、現在は、株式会社サンフレックス永谷園(グループ会社)の社長さんです。

だから、お嬢様ということなんですね。だから幼少の頃から、色々と習い事もあったことも納得です。

過去にテレビ出演も

2013年にフジテレビ系で放送された「テラスハウス」に本名で出演。出演理由は明確で、メジャーデビューはしたが、伸びない自分の状況を打破したかったそうです。ここで、多くの人達に聴いてもらうチャンスだと考え、応募したそうです。

でも、そんなに甘くないのが現実。彼女は、あまり人づきあいが上手ではなかったようで、【KYな子】【天然キャラ】として嫌われてしまうことに。ついには、視聴者にも火が付きブログも炎上するほど。そこで、番組内では、メンバーとの話し合いの場まで設けられることになりました。

なんとも、精神的にきつかったらしく、肌荒れ、食欲不振、自己嫌悪などにより元気がなくなるリアルな様子が放送されていたようです。恐らく、両親も心配していたのではないでしょうか。

chayの可愛さ


彼女は、「テラスハウス」をきっかけに、そのルックスを生かし、CanCam専属モデルという仕事を獲得します。モデル「まい」としても活躍する彼女は、雑誌の初登場した時は、8ページにもわたるファッション特集まで組まれました。すると、商品が即売り切れたり、問い合わせの激増など、「まいまい化」という現象まで発生したのです。

2016年には、オリラジ藤森さんとナイトプールの企画で共演したりもしています。もしかしたら、いずれRADIO FISHとの共演もあるかもしれませんね。

そんな、モデル「まい」としても活躍はしていますが、主軸がシンガーソングライターは変わらず、ファッション・メイクなども目でも楽しめるアーティストを目標に掲げているとのことでした。

chayの音楽とは


ギターとワンピースという組み合わせで歌うスタイルをデビュー当時から続ける彼女ですが、デビュー曲は、2012年の「はじめての気持ち」。ロッテガーナミルクチョコレートCMで使用されましたが、鳴かず飛ばずの残念な結果に。その後は全然曲が出せませんでした。

しかし、その後「テラスハウス」卒業後に「I am」というテラスハウスの経験をもとに作った曲がヒットします。その後もCDを継続的に出し、全シングルは10曲リリースされています。

彼女の凄いところは、超ヒットソングがあるというよりも、タイアップが曲の割に多いこと。一部ご紹介すると、

【ドラマ】
「リバース~警視庁捜査1課チームZ~」(WOMAN)
「デート〜恋とはどんなものかしら〜」(あなたに恋をしてみました)
「早子先生、結婚するって本当ですか?」(それでしあわせ)
「地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子」(12月の雨)

【CM】
ロッテ ガーナミルクチョコレート(はじめての気持ち)
P&Gジャパン パンテーン(Twinkle Days)
進学塾ena(Don’t be afraid)
洋服の青山(once again)

などなど、結構多いんですよね。つまり、音楽を認められているところではないでしょうか。

校閲ガールのオープニングの「12月の雨」は、ユーミンこと、荒井由実が1974年にリリースした4枚目のシングル。山下達郎さんや大貫妙子さんのシュガー・ベイブメンバーがバックコーラスに参加した作品。名曲です!

感想

初めてchayさんを見た時は顔と声がマッチしなくて驚いきました。声は大人っぽいのに、顔がモデルなんですよね。でもそのギャップが私としては、良かったと思います。ちゃんと歌唱力があるのは大事だと思います。やはり、可愛くても・・・では、続かないですしね。

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして。現在、サラリーマンとして10年目を迎えました木土(もくど)と申します。4人家族(うち、1匹)の大黒柱ではありますが、日々、嫁にいじられつつ、娘も最近、私をいじりはじめた今日この頃・・・ 何卒、宜しくお願いいたします。